加熱式タバコ事典~プルームテック・アイコス・グローの比較~

プルームテック・アイコス・グローを徹底比較してみた!

プルームテック・アイコス・グローを比較してみよう

Posted on in Uncategorized

昔のように気軽にタバコを吸えなくなったことで、環境の変化に合わせるように、今までに無いタイプのタバコが増えてきています。加熱式タバコもその一つで、火をつけずにタバコの成分を水蒸気などに抽出することで、タバコに火をつけたときの独特の臭いを抑えて、煙や灰などの汚れを防ぐことができます。現在販売されている代表的な加熱式タバコが、プルームテック、アイコス、グローの三種で、いずれも高い人気を集めています。どれも加熱式タバコではありますが、その仕組みは大きく異なるものとなっているので、どれを買うか迷っている方はどんな違いがあるのか比較してみましょう。

プルームテック・アイコス・グローの比較を見る

まずプルームテックは、専用カートリッジとタバコカプセルを本体に接続して使います。カートリッジとカプセルはそれぞれ数回使ったら廃棄する仕組みになっているので、クリーニングなどの手間が発生しないのが大きな魅力です。本体サイズも細長く保管しやすいので、日常的にタバコを吸うという方にとっても使いやすいです。味のほうは葉が燃える独特の臭いもなく、非常にクリアな味わいが楽しめますが、そのせいで味が軽いと感じる方もいるようです。販売店はまだ少ないですが、2018年には全国販売も予定されているので、次期に気軽に手に入る商品になるでしょう。

アイコスは早く全国販売された加熱式タバコで、どの商品よりもメジャーであるのは間違いありません。使い方は本体にヒートスティックを刺して加熱したときに出る蒸気を吸い込む方式です。使用には少々コツがいるようですが、慣れればスムーズに吸う事ができ、普通のタバコと似た感覚で楽しめます。ヒートスティックを加熱するために使う本体が汚れやすいので、定期的なクリーニングが必要なので、細かい作業が苦手という方には少々わずらわしいかもしれません。吸ったときの感覚は、加熱式タバコの中では特に紙巻タバコに近いといわれているので、他の商品が物足りないと感じた方にはオススメです。

グローは何よりその特徴的な見た目が目を惹きます。小さいジュースのパックのような本体に、ストローにも見える細いヒートスティックを差し込んで使うので、タバコを吸っているようにはとても見えません。本体は汚れがつきにくいので、お手入れの手間が少ないというメリットがあり、バッテリーが内臓されているため、長時間使えるのが魅力的です。全体的にプルームテックとアイコスの間といった印象で、味も紙巻タバコには近いが少々軽いというものだといいます。2017年に全国販売したばかりの商品なので、まだまだメジャーとは言い切れませんが、今後は利用者が増加するでしょう。

プルームテック・アイコス・グローのいずれも、普通のタバコとは違った魅力を持っています。実際に使ったことがないという方は、この機会に全種類を試してみて、好みの加熱式タバコを見つけましょう。

アイコスやグローにないプルームテックの魅力

Posted on in Uncategorized

近年注目を集めている加熱式タバコは、火を使わずにタバコの香りや味を楽しめます。よりクリアな味わいや、煙による臭いや汚れが付きにくい、吸殻や灰が出ないといった特徴があり、現在は3つの加熱式タバコが人気です。アイコスとグローはすでに全国販売しており、徐々にユーザーを増やしていますが、プルームテックはそれら2つの商品よりも後発で、全国販売も2018年からの予定となっています。販売タイミングは遅れているプルームテックですが、アイコスとグローにはない魅力を多く秘めており、先行販売されている商品を持っているユーザーからの評価も情報です。

プルームテックの最大の特徴は蒸気の出し方にあります。加熱式タバコは水蒸気にタバコの成分を抽出して吸う仕組みなのですが、アイコスとグローはヒートスティックを加熱して蒸気を発生します。ヒートスティックを加熱させるための本体は大きく、持ち運びに不便で、吸うときに目立つといった欠点がありますが、プルームテックはヒートスティックを使用しません。その代わりにたばこカプセルと液体とバッテリーが入った専用カートリッジを使い、バッテリーが切れたらカプセルとカートリッジを廃棄して使います。他2つの商品は本体のクリーニングが必要なのに対し、使い捨てな分常に清潔に使えますし、面倒な作業が一切ありません。タバコはもっと気軽に楽しみたいという方には特にオススメです。

プルームテックは蒸気の味わいが非常にクリアという特徴もあります。アイコスやグローは紙巻タバコに近い味を楽しめますが、プルームテックはタバコ本来の味が楽しめるという触れ込みと成っています。それが最大の魅力と考える方もいますが、普通のタバコに慣れていると、逆に味が軽く感じる方もいるようです。ちなみにフレーバーは3酒類販売されており、タバコに近い味と、フルーツやミント系のフレーバーが選べるので、女性やタバコをあまり吸わない方もとっつきやすいのではないでしょうか。

後発の商品ということで、何かと比較されることの多いプルームテックですが、アイコスとグルーとは仕組みそのものが大きく異なるということで、味はもちろん使い心地などにも大きな違いがあります。もちろん他の商品も魅力的ですが、他にはない個性を楽しめるという点では、プルームテックは非常にオススメです。まだ全国販売はしていませんが、通販による抽選販売や、一部地域の店舗で手に入れることができるので、新しいもの好きな方は是非お試しください。

[Top]

プルームテックはグローやアイコスよりも悩むことが少ない

Posted on in Uncategorized

現在、普及している加熱式たばこですが、どの商品を使用するか、迷うところです。各商品に違いはあります。テイストを比較してみます。プルームテックのテイストは、軽い感じを覚えます。紙巻きたばこの軽いテイストをイメージして頂ければ、理解はしやすいと思います。グローも同様に、軽いテイストです。ただ、アイコスは、たばこ感が強く、吸い応えが存在します。ただ、アイコスには、特有の酸味の臭いがあります。清掃方法については、プルームテックは1箱分使用するごとに、カートリッジごと、交換してしまうため、清掃の必要がありません。グローも、加熱式ブレードを採用していないため、清掃を頻繁に行わなくても済みます。アイコスは、加熱式ブレードを採用しているため、頻繁に清掃をしなければなりません。手間が掛かってしまいます。テイストの違い、そして、清掃方法を考慮してみると、どの加熱式たばこを使用したいかが、見えてくると思います。

使用方法にも違いがあります。プルームテックは、バッテリー本体とカートリッジをねじ込んで接続し、たばこカプセルを差し込むだけです。軽さは感じます。グローは、細身のネオスティックを本体に装着し、周囲から温めて、蒸散するスタイルです。バッテリーと一体なので、本体にネオスティックを差し込んだまま、吸うという独特のスタイルです。そのため、重さを感じます。アイコスは、紙巻きたばこ状のヒートスティックを加熱ブレードに差し込み、加熱していくスタイルです。重さもそんなに重くはありません。吸っているときも、プルームテックやアイコスはあまり、目立ちませんが、グローは本体ごと、持ち合わせなければいけないため、非常に目立ちます。使用方法、そして、吸っているときの見た目も、考慮してみましょう。

どの加熱式たばこを選ぶかは、やはり、利用者の好みによります。テイストや使用方法など、各商品によって、違いはあります。プルームテックには、ほぼ無臭というメリットがあります。グローの臭いもあまり、感じません。しかし、アイコスは少し、独特な臭いがあります。紙巻きたばこと違い、加熱式たばこは、どこでも吸えるというスタイルですが、やはり、周囲のことは、考慮しなければいけません。プルームテックは、ほぼ無臭です。そして、途中で止め、そして、改めて、吸い直すことも可能です。この特徴を持っているのは、プルームテックだけです。ぜひ、たばこの未来系と呼ばれているプルームテックを使用してみて下さい。その魅力を感じることが出来ます。

[Top]

プルームテックはグローやアイコスよりも喫煙者の目的に応えている

Posted on in Uncategorized

最近の風潮に乗り、紙巻きたばこから加熱式たばこに転換しようと考えている方は多いと思われます。ただ、購入したいと考えるものの、価格はどのくらいなのか、分からない方もいるのではないでしょうか。加熱式たばこには、3種類、存在します。希望小売価格は、プルームテックが4000円、グローが8000円、アイコスが9980円となっています。価格だけを見ると、プルームテックの安価が際立っています。プルームテックは価格もさることながら、カプセル式のたばこであり、1個につき、50回分吸うことが可能です。そして、カプセル式ですから、好きなときに止め、そして、また、吸うことが可能です。グローやアイコスのような煩わしさを感じさせるボタンも付属されていませんので、単純に吸うことだけに、集中することが可能です。この単純さがプルームテックの強みです。

プルームテックには、吸殻というものが発生しません。この吸殻が存在するということは、灰も存在しないということです。たばこは、吸殻や灰もそうですが、吸い終わった後の処理が大変です。グローやアイコスとは違い、プルームテックは、この吸い終わった後の処理に手間を掛けません。たばこカプセルの交換という作業はありますが、小さなプラスティックですから、ケースに締まっておけます。グローは1日に1回は掃除しなければいけませんし、アイコスは、たばこ葉を直接、加熱するわけですから、掃除は必要となります。この掃除をしなければ、故障してしまいますから、掃除は結構、億劫な作業となってしまいます。しかし、プルームテックは掃除をする必要性が存在しません。この手軽さも魅力のひとつです。

グローは、加熱時間がアイコスの倍で、使用時間が半分というデメリットが存在します。ゆっくり、たばこを楽しみたいと考えている方にしてみれば、物足りなさを感じてしまいます。そして、本体をそのまま、咥えるというスタイルですから、あまり、見た目は良くない部分があります。アイコスは充電方法や、故障の多さ、初期費用が掛かってしまうデメリットが存在します。そのことを考えると、プルームテックは、初期費用は安価ですし、故障も少ないので、喫煙者の目的にしっかりと応えていることを感じます。
たばこは嗜好品です。スタイリッシュにたばこを楽しみ、そして、非喫煙者に迷惑を掛けないことを優先して、考えるのであれば、プルームテックを利用してみましょう。待ち焦がれていた魅力がたくさん、詰まっています。

[Top]

プルームテックはグローやアイコスよりもメリットが多い

Posted on in Uncategorized

喫煙者の中では、紙巻きたばこから加熱式たばこへ転換する方が急増しています。近い将来、加熱式たばこの販売比率は、紙巻きたばこの比率を追い越すこととなります。どの加熱式たばこにするか迷うところですが、メリットを把握して購入することが望ましいと思われます。やはり、臭いを気にしないで、吸いたいものです。これは、非喫煙者に対するマナーかもしれません。グローやアイコスには、臭いが存在します。プルームテックはほぼ無臭であり、非喫煙者もほぼ気付かない臭いとなります。このメリットは、非常に大きい部分です。グローはスイッチを入れて、3分30秒、アイコスは6分という時間制限がありますが、プルームテックは、時間を気にせずに吸うことが出来るメリットも存在します。吸うのであれば、自分のペースで吸いたいものです。時間を気にしながら吸うことは、精神的なストレスをも生みますので、返って、ストレスが溜まり、精神的なコスパも落ちてしまう気がします。ほぼ無臭であること、そして、時間を気にせずに楽しめることが可能なのは、プルームテックです。

ただ、グローやアイコス同様に、プルームテックにもデメリットは存在します。テイストは少し、クセがあります。これは、使用者が紙巻きたばこに慣れてしまっている背景も存在します。当初から、プルームテックを吸うのであれば、違和感は生じませんが、慣れるまでには時間が掛かります。当然、バッテリーを充電しなければいけないことも挙げられます。バッテリーが無ければ、その機能を発揮出来ませんから、充電はしっかりしておかなければなりません。ただ、どの加熱式たばこもそうですが、各自、持っているデメリットを解消すべく、改良型を出してくるはずですから、加熱式たばこはある意味、スマートフォンと同じ感覚で接することが必要かもしれません。

アイコスは1本吸うことに充電が必要な煩わしさがありますし、グローは、本体とたばこを持ち合わせるという重さを感じるスタイルがあります。そのデメリットの少なさも、プルームテックの魅力です。初期費用も安価ですし、灰皿の必要性も存在しないというメリットも存在しますから、使用してみる価値はあるでしょう。後は、プルームテックの全国発売を待つだけです。2018年上期に、全国販売が予定されています。初期費用が安価で、灰皿の必要性が存在しないプルームテックにはかなりの反響があるでしょう。それまでに購入したい方は、東京や福岡での店舗販売か、公式オンラインショップを利用して下さい。

[Top]